2017年10月9日月曜日

みーんなそそのかされちま〜う(まあもう夏ではないですが)

ただ気分がよかった
これからのこと、何が起きても
大丈夫だと思える日だった
いろんな理由をつけて
好きじゃないと決めてきた人との
思い出を昔のアイフォーンで確かめ
2人で並んでる写真をみて
やっぱり最初からそうやと思ってた
こんな日が来ると思ってた!
って脳内フラワーが咲き乱れ
果てしなくどうしても好き!
が出てしまった。

まずはガイダンス姐さんに相談。

ピースな人はこんな時
言っちゃおう!言っとこう!
うんうん、吉日!吉日!
多分今日大安!おめでとう!
みたいなテンションで
とても喜んでくれる。
ありがたき。
ましてや長年恋も叶わず
焼肉さえもまあ1人で
行けてまう寸前の
アラウンドサーティーに
片脚ほぼ浸かってる女が
やっぱあの人好きかも!
ってなったらもう急げ!
死ぬ前に!早く!みたいなぐらい
いい方向に進むとの確信に
つい過信してしまう。

しかもいつもみたいに
変な感じのややこしい仲とか
知り合って間もないとか
そんなんでもないし
きっとすぐに「俺も!」
とかまあ最悪「ちょっと考えたい!」
かもしれへんけど
もう同じことで悩むことは
なくなるし楽になるだろう、
いや、もう絶対大丈夫!
はい絶対にイケるだろう!と
思ってトークルームへ駆け足で入り
軽快なリズムでキーを弾いた。
送信ボタンを押すまで
ちょっと躊躇ったりもしたが
割と早めにポチっとできた。
(この服欲しいけど高いけど
ネットやしサイズ感わからんけど、
可愛いから買っちゃお!ぐらいの
早さやから多分めっちゃ早い。)




その日から今日まで
4日経ったが何の返事もない


本当に自分への怒りが止まらないし
ただただ遺憾であり、苦い、、、

なんで電話にしなかったのか?や
唐突すぎやアホか!等
数々ご指導ご鞭撻いただきました。
深く御礼申し上げます。
ファ○ク!


みんな!寒くなってきたよ!
風邪をひかないように暖かくね!
恋人とね!ファ○ク(again)


2017年9月25日月曜日

〜夕日が背中を押してくる〜(小3の時音楽の授業で音楽の先生じゃなくてたま た ま担任の先生が歌ってなぜか号泣した歌の歌詞)(多分涙の理由はメロディ)

こみ上げる劣等感を
どうにか消したくて
ひたすらワンピースに
スチームを当てていた

昔とは違う、大丈夫、
そう言っていても
インナーチャイルドは
なかなか許してくれない

昨日小さい時の自分の話や
親との関わり、
家の中でどんなポジションについて
外でどんなポジションについて
って説明していたら
すごく悲しそうな顔をされた
私も悲しかった

すきな人といつも
上手くいかない話をしても
見る目ないからやん
で終わられてしまった

そんなことよりも
秋服が可愛過ぎて秋服になりたい
えーっとちょっと待ってな
もうちょっとクスッとなる話
考えるから


とゆうことで
色々言われたけど本当の私を
まだ誰も知らないから
全然明日もざまあみあがれ!
って感じ!ハッピー!
感謝してないけど感謝!


(このCOLORSってシリーズめっちゃすき)(面白い話なくてごめんね)(あとタイトルなんか変なところでスペース入るねんけど)(アプリバグ)

2017年8月26日土曜日

Gaining through losing

くうちゃんは平井堅のアルバムを

「道で拾ってん、

エリちゃんも聴いて!」

と私に貸してくれた

私は返さず今も持っている。


くうちゃんは私の恋を

いつも1番に応援してくれた

過去に何度か出てきた

結婚したかった人とお別れしてから

だいぶ引きずってた私を

「エリーゼよ、

今日は彼の住んでる町に

行ってみよう!」と電車に飛び乗り

私の記憶の小さな手がかりで

何時間も彼の家を探してくれた

(ストーカー行為です、

気をつけください)

その帰り道

(もちろん家は見つけてない)

駅の近くのガストに入って

私達はいつも通り

空想に想いを馳せていた

くうちゃんは突然に

「映画     映画つくるなら

どんなんがいい?」

と言い出した。


「(始まった)

う~んなんか拉致されたけど

拉致した人好きになってしまうとか?」


「エリーゼそれは全然あかんわ、

重すぎる。

ほなこれしよ!女の子3人が

当てのない旅に出るてやつ。

3人は私とエリーゼと

すーちゃん(仮名)!」

(すーちゃんとは同じく小学生からの同級生)


「出んのかい!」


「当たり前やん!

ストーリーはキャバクラ、アパレル、

まあなんでもいいけど、

めちゃくちゃ働いて

1人100万貯めるねん。

100万貯まったら、

その金で自由の旅に出る。

オープンカーで出発して、

旅先のガソスタで若い3人組に

出会って一緒に

旅することになる。

恋してひっついたり

離れたりケンカして

それぞれバラバラになって

元の生活に戻るねん。

でもやっぱりあの旅が

忘れられへんくて

1人またひとりと探して

再結集するって話!」


「ま~ありがちやけど、

100万貯めるあたりと

オープンカーめっちゃ好きやわ」


「そうやろ!

すーちゃんにメールしよ。

あ、若者3人も決めなな!

えーっと瑛太と、塚本高史と、、、

だれにする?!」


「そこまできたらもう

佐藤隆太しかおらんやろ!

絶対えり佐藤隆太と付き合う

設定にしてな」


「私塚本高史!

あ、ガソスタの店員ニコルな!」

(ニコル(仮名)とは当時めちゃくちゃ遊んでいたブラジル人と日本人のハーフのデッカい男の子)


「監督は?」


「ん~板尾創路かな~」


「完璧やな!それでいこ!」


「えりちゃん映画のサントラ

決めてな!」


「タイトルは?」


「ろくでなしって

英語でなんてゆうんやろ」


「調べよ」


「a good for nothing やって」


「ほんまなん?笑 

まあなんかいいな」


「決まり!じゃあこれで!

オファーかけとくし明日から

よろしくお願いしまっっっっす」


「お願いしますっっっ!」


ガストで空想にかれこれ

4時間ぐらい費やし

私達は家路についた


板尾創路が出てきたところで

わたしはこの子に出会えて本当に

幸せだなあと感じていた。

(これ一語一句あってはないけど

めっちゃ完全再現されてる)


a good for nothing

で使いたかった曲は

全部思い出されへんけど

opening  waterfalls/TLC

逃飛行 /Rickie-G

途中エモなる曲で

絆/エレファントカシマシ

などを一枚のCDにして

プレゼントしたら

くうちゃんはとても喜んでくれた


くうちゃんはもう星に 

いや空になってしまって

私はこうやって今も

思い出を何度もなぞって

生きている。


平井堅がノンフィクションと

ゆう曲を出した

彼の身近な人が亡くなって

作った曲らしい。

その曲を聴いた時

くうちゃんへの賛歌だと

思った。

歌うときには

いつも花束を持っていて

それもとてもリスペクトがあって

熱くなる。


そして平井堅をみると

やっぱりいつも

「道で拾ったから聴いて!」

のくうちゃんを思い出して笑いが

止まらなくなる。


今日のアナザースカイが

平井堅だったから

こんなことを思い出してしまった。


盆踊りに癒されてくうちゃんはまた

戻って行ったかな。


支離滅裂になってしまったけど

わたしはくうちゃんとの日々が大好きだ。

2017年7月7日金曜日

七夕

2年前の七夕
私はその年の6月ぐらいに
好きな人が急に出来て
何かしてあげれないかなと
少し前のめりになっていた

そうだ、笹を買って
短冊にお願いを書いて(代筆で)
七夕祭りをしよう!
(その人は全くもって謎な人で
旅から旅へな感じで
いつ日本からいなくなるか
わからなかったから別に
家に呼ぶでもないし、
完全に1人夕涼み会だ。。。)

急いで笹を買って
彼にLINEをしてお願いをきいて
友達達にもお願いを聞いて
書いて(代筆で)
可愛く飾り付けて夕涼み会を
スタートさせ満足していた

でもふと
この願い達叶えてあげたいな
と居ても立っても居られなくなり
仏壇の前に座り
朗々とお経を唱え最後は
世界が平和になりますように!
まで祈って歓喜にまで満ち溢れ
夕涼み会に幕を降ろした。
(あくまでも1人である)

1週間後、彼から連絡があり
「短冊に書いた願い事、叶った!」
と嬉しそうなスタンプ付きできて
私はとても嬉しかった。
幸せだった。

、、、
とても感動的な話に聞こえるが、
これはだいぶ大ホラーである。
1人で突っ走った女の盲目的な
恋のホラー話である。

そんな訳もわからん男の為に
笹を買い、短冊に願いを吊るし、
仏に祈りまで
捧げる(笹げ あっ、うまないか)
女が自分だったとは
怖くて今思い出した瞬間
ゾッとした。

彼はその後
どこかで悪いことをして飛んだと
風の噂で聞きました。



なんやそれ!怖え!
いらんそんな引きの強ぇエピソード!
悲しい(T_T)やめえ(T_T)

はあ。ありがとう。七夕。
ありがとう。ノブのツッコミ。

さてあなたの今年の
お願いは決まりましたか?
(ああ、今何書いてもなんか怖い話に聞こえる〜それは今が夜中で真っ暗な部屋で無音で書いてるから〜〜)


2017年5月21日日曜日

新ワザ

新ワザを習得したんだけど、
全部上手くいってる、大丈夫!って
感謝して思ったら本当にそうなる。

今日最高に頭働く日で
そうゆう日はだいたい
肌の調子もいいし、
声もよく通るし、
気分もいいし、
服の組み合わせとか
髪のまとめ方とか
本当素晴らしいぐらい上手くいって
直感がすごい冴える。
これが1年のうち、320日ぐらい
続けば多分私すごい人になると思う!
今の所月に3日間ぐらいやから
3×12で、、、36日!少なっ!笑
精進あるのみですね、、、

慢心だと気が付いた瞬間から
元に戻すとゆうか、
素直に改めることが
Dr.なんちゃらパーも唸らす
私の開運方!
以上!
久しぶり!
(それは最後に持ってきたらあかん〜)

2017年1月22日日曜日

何がどうしてこうなった?

今まさにチョイスをミスした
日曜の昼間から焼肉とお酒
それがしたかったけど
今日に限って友達はノロウイルスや
インフルエンザで
適当にメシいこうていえる相手も
他に見つからず
(15分以内に集合出来る条件に
満たしてない)

私は1人外に出て
モールをブラブラして
何か食べて帰ろう
そう思って歩きはじめた

まだ焼肉は諦めてない
でも微妙な時間
ランチは終わっているし
支度中の店ばかり

餃子王将ええなあ
キメたいなあ
でも餃子といえばビールで
私ビールはジョッキ一杯いらん
チューハイはなんか入った割に
パンチ弱い気がする
とゆうか私の理想と違う

モスバーガーはいっぱい
ケンタッキーに1人で入った
こんなよくわからん
チキンのセットに900円出すなら
1人で1200円ぐらいの
洒落たパスタ食べればよかった

寒い、お腹すいた、
パーっといきたい、
泣きたい眠たい。
そういえば今日着たい服も
なかなか選べなくて家を出るのに
2時間近くかかったなあ。

1人を楽しむなら
ビール、ジョッキで一杯は
飲めないとこの先やってけないな。

2020年東京オリンピックは
どうにか1人を脱していたい
こんな日曜をだれが望んでる?!
叫びたいよ Here I am!!!

前回の記事から
早めのスパンで真逆やん
ベッタベタのチキンを食べながら
反省している。


2017年1月16日月曜日

真緑のダウン

昨日今日、この冬初めて降る雪をみた

冬に欠かせないといえば

暖かいアウターだが、

買い換えるタイミングが

いつもわからず

同じものを3~5年ほど着てしまう。

ちょうど去年の今頃、

来年こそ早めにアウターを買おう

そう決意して雪が降る今日までに

アウターを買って見事、

寒さをしのぐことができた。


たしか中学後半の冬

HEPでLDSとPONYがコラボした

真緑のダウンを購入した。

形も色も暖かさも全て気に入って

高校に入っても着続け、

永遠に寒さを共にし、

私はそのダウンを

19になる冬まで着ていた。

クタクタになっても

クリーニングに出せば復活する

真緑のダウンを愛おしく思っていた。


でももうさすがに毎年このダウンを

友達に見せられないと初めて

気に入ってるからいいねん

とかそうゆうのを飛び越えた

「えりってさ、

めっちゃそのダウン好きよな!」

とゆう遠回しの

「それしかないん?!」感を感じ

私は一大決心をし(大層)

その服を捨てようと

紙袋に入れていた。

でもやっぱり捨てられへん。

あのごみ収集車に

グチャガチャペチャにされるには

あまりにも思い出が多い、、、

いやそんなことより1円でも多く

次のアウターへの資金を作りを

したいがため、

リサイクルショップへ足を運んだ。

無事査定も終わり、

真緑のダウンは旅立った!

今までありがとうな!!!





そうして、時は経ち、

「めっちゃそのダウン好きよな!」の

友達と京都にある、とある

リサイクルショップへ入ったところ

(正解、リサイクルショップ好き)

私は思いもよらぬ再会を果たす。


そう、真緑のダウンである。


胸元に少しできたシミ、

クリーニングもせず出した

クタクタ度合い、

すごく主張してくる真緑感、

紛れもなく、私の真緑のダウンだ。


すぐさま友達を呼び、

「みて!!!!!

これこないだサヨナラしたはずの

真緑のダウン!売ってる!!!!!」


「うわ!!!ほんまや!!!!笑

これよくある人形捨てたのに

念入りすぎて感情が生まれてしまい

何回も持ち主の元に現れる的な

やつの服バージョンちゃう?!笑」


…………


「こ、、こわい(T_T)」


身の毛もよだつ恐ろしい話

ダウン羽織ろかな やかましわ!!



それ以来、真緑のダウンに

出会うことはなかった。

雪降る今日、

どこかで誰かを暖めていますか?

(暖まっている方、すみません、

そのダウン、年季入ってますよ)


本年もひとつ、どうぞ

よろしくお願いいたしますm(_ _)m


てけてんてん ててんててん